カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ


35)QUANTUM(量子力学)

 量子力学と、むずかしく大げさなタイトルを付けましたが、書いている本人も、 よくわかっていません。ただ、波動とかエネルギーの本質を解明するとなると、 この分野の物理学になるようです。アインシュタインの相対性理論などもこの分野に属し、 カミオカンデのスーパートリノを発見した小柴教授の素粒子研究も、この分野の一部の ようです。

 物質を細分化すれば、分子、原子、原子核、電子となり、原子核はさらに中性子と 陽子に分かれる。この電子、中性子、陽子の最小単位は素粒子と呼ばれている。他に光 子(フォトン)と呼ばれる素粒子もある。

 実は、光はエネルギーであるが、それは素粒子という物質でもあるのだ。ということ は、私共が目で見るという行為は光が物に当たって反射しているのを受け取って認識 しているのだが、それはフォトンという素粒子が、いわゆる光の速さで飛んできている ことになるのだ。

 急に突飛な話になるが、円盤が空中を飛ぶ、その動力となっているのは波動エネル ギーだとも言われている。何百光年以上も離れた惑星から飛来してくるとしたら、そん な燃料を全て積み込むわけにはいかない。当然、宇宙から、そのエネルギーを取り込 み、それを動力源にしているはずだ。人類が他の惑星まで宇宙旅行をするには、この 波動エネルギーの解明、発達が必要かもしれない。

 ここで言いたかったのは、そうです、波動エネルギーは宇宙に無限に存在するので す。地球にある鉱物、化石エネルギーは有限ですが、波動エネルギーは惜しみなく使 える無限のエネルギーなのです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=3758&eid=37

ページトップへ