カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ


37)宇宙との交信基地? エリア51

 アメリカ合衆国ネバダ州に空軍基地の一部としてAREA51という、一般立入禁止、 隔離された場所がある。近くにはエネルギー省の核爆弾実験施設もある。

 なぜ、秘密にしているその存在が一般に知られるようになったのかといえば、グー グルのアースという宇宙衛星からの地上画像を詳細に見ることができる検索ソフトに よって、あからさまになってしまったのだ。

 このエリア51の広大な土地には滑走路らしきものが何本かあり、あたかもナスカ の地上絵のようにそれらは複雑に交差している。ちょうどその基地は、映画「未知との遭遇」の宇宙人とコンタクトするUFO基地の ごとくの様相なので、事実宇宙人の円盤が飛来する基地だともささやかれている。

 その複合滑走路からは、あたかも宇宙人にメッセージを送っているかのごとく、い くつかの光が放たれ点滅している。なんと、その滑走路の外形は、まさに六芒星の形 をしているのだ。
なぜ六芒星の形でなければならないのだろうか? 宇宙とのコンタ クト、交信エネルギーを集積するのには六芒星の形がふさわしいとアメリカの航空 宇宙局、空軍も考えているのだろうか?

 そして、その滑走路、交差する点には地下に降りる入り口のようなものがある。地 下には巨大施設が設置されているとも噂されている。これはSF物語ではない。 紛れもない現代の事実なのだ。
ここにも六芒星の秘密がありそうだ。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ ええ、知っていますよ!・・・

ええ、知っていますよ!
それはそれとして、六芒星は調べれば調べるほど、合理的に出来上がっている魅力的な形状ですね!

店長日記,番外編最後までお読みください!
k さん | 2011-06-25 19:52 |

■ 知ってますかこの六亡星・・・

知ってますかこの六亡星実はフリーメイソンのマークなんですよ。エリア51とフリーメイソンはぐるおくんでいる。
k | 2008-11-29 18:56 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=3758&eid=39

ページトップへ