カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ


43)土地と波動

 ドイツ振動医学が生んだ「新しい波動健康法」『バイオレゾナンス・メソッドのす べて』野呂瀬民知雄著(現代書林)に興味深いことが書かれてあったので、ここに紹 介いたします。

 まず、ドイツ振動医学のバイオレゾナンス・メソッドの波動治療の医具は、アフリ カなどの現地人が水脈を探し当てるために使っている、ダウンジングという方法から ヒントを得て創作されたそうです。

 ダウンジングとは、二股の木の枝の両方を両手で握って土地の上を歩いていると、 自然に振動が起こって水脈を見つけるという方法です。実は現代でも、水道局が同じ ようなものを針金で作って、水道管の位置を探るのにも使用しているそうです。

 土地、大地の地下には、活断層、水脈断層などが潜んでおり、それらはたいていマ イナス波動を発しています。ジオパシック(地理的な病原)と呼ばれているそ うですが、その真上に住んでいたりすると、そのマイナス波動に影響されて、不眠、 ストレス、うつ等の原因になっているそうです。

 これは、なかなか当事者も気づきにくいことで、ひいてはガンの発生にまで及ぶこ ともあるそうです。そういえば高圧線の真下では、マイナス電磁波の影響を受けて、 白血病の発生率が高いということも聞いたことがあります。これを避けるには場所を 移動するか、プラス波動で中和するしかないそうです。

 昔からある日本の神道による厄払い、御祓いなどもこれに関係しているかもしれま せん。六芒星セラミックヘッドの購入者で40個以上購入していただいた方は、自分 の家の敷地の四隅に、六芒星セラミックヘッドを埋めたそうです。もちろん私の家で も実践しました。

 地下から出る振動エネルギーが全てマイナスとは限りません。プラスのいい例とし ては、日本ではガン治療に効果があるとされている秋田県の「玉川温泉」、又、 「奇蹟を起こす水」として世界的に有名なフランスの「ルドンの泉」などがあるそうですね。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=3758&eid=45

ページトップへ