カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ


22)宇宙の構造

 ここまでで、六芒星はシリウス星から発生し、「聖方位」とは超古代のシリウス信 仰から由来していると、ご理解していただけたことと思います。
 さらに、この六芒星は宇宙の構造を示しているとも言われています。そこで、図形その ものの秘密にせまってみたいと思います。

 三角点測量という言葉をお聞きになったことがあると思います。土地を測量する時 に利用する方法です。この三角測量の方式は、古代シュメールの時代にすでに発見さ れ、土地測量、かんがい工事に利用され現在にまで至っているのです。土地の測量は 円でも四角でもできません。それは地球が丸く、山あり谷ありでデコボコしているの で、円とか四角では覆いきれないのです。必ず隙間、ひずみが出てしまいます。三角 形であれば覆いつくすことができます。それで山、谷のデコボコも含めて測量してい くことができるのです。

 まだ、「エー?不定形な彎曲したものが直線的な三角形で?」と思われる方がいるかもしれ ませんが、円とか四角で考えてみてください。円の場合は間に隙間ができます。四角 の場合は永遠に平面が続けば可能ですが、曲面ができるとひずんでしまいます。

 丸いゴム風船をたくさん作って並べ、四方から押しつぶしてゆきますと、丸と丸の 隙間をつぶすように、ゴム風船は正六角になってゆきます。正六角は正三角に分解で きます。宇宙はらせん状であるとか、渦巻いていると言われています。一見不定形な ように思われますが、幾何学で表すなら三角形なのです。

 砂粒、ミクロの単位にまで分解しても、円、丸、四角では完全に埋め切ることはで きません。それが宇宙は幾何学であり、三角形で成り立っていると言われているのです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ