カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ


7)効率のいい波動エネルギー集積の秘密

さて、その後、なぜ六芒星セラミックヘッドに波動エネルギーが集まるのかを探るた めに再度「LFA」波動測定器で、以下の実験を行ないました。
それは、六芒星の形に波動が集まるのか、叉はセラミックそのものの素材にある のか、それとも金にあるのかを確認するためでした。
そのため、六芒星の形、金には何の関係もない、同じ程度の大きさの長方形のセラミッ ク板を測定し、次に六芒星の形だけのセラミックを測定し、その次に金線の細い六芒 星をつけた物、そして最後に太い金線の六芒星を焼き付けた物を測定してもらいまし た。
1) 長方形のセラミック板 +2

2) 六芒星の形のセラミック板 +6

3) 六芒星セラミックヘッドに金(細い線)を焼き付けた物 +14

4) 六芒星セラミックヘッドに太い金を焼き付けた物 +16

という結果でした。これから推測されることは、自然の土から焼き上げたセラミック そのものは、プラスの波動が集まる体によい素材であるということです。次に六芒星 の形にも、他の図形より多く波動エネルギーが集まるということ。そして、 六芒星の形をした金には、飛躍的にエネルギーの量が増えてくるということでした。

六芒星セラミックヘッドは、ユダヤ人との出会いの記念にアクセサリーとして制作し たと前述しましたが、まさにそれは偶然ながら最高の素材、形の組み合わせだったの です。

六芒星の形と電磁気を一切受け付けない絶縁体として最高のセラミック、そして金属 の中で、王水以外のどんな化学物質をもってしても変色、変化しない金属の王様、金 (GOLD)の超スーパーな組み合わせだったのです。 想像してみてください。私共は六芒星の形状を視覚で認識していますが、波動エネル ギー素粒子の側からすれば、目で見て反応しているわけではありません。よく映画に 出てくる異星人とか、アンドロイド(人工人間)、ロボットなどが、温度などを感知 して反応している場面がありますが、それとよく似た状況ではないかと思います。

つまり、絶縁体であるセラミックに周りを完全にガードされている金の六芒星 は、他からの波動をまぎらわすノイズを遮断して、良導体の金の六芒星を際立たせて いるのです。宇宙から降り注ぐ波動エネルギーは、形態に反応するのみといわれてい ますが、正にそんな際立っている六芒星セラミックヘッドに吸い寄せられるように集 まってきているのです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=3758&eid=8

ページトップへ